医療脱毛施術中は日焼けは厳禁

医療脱毛施術中は日焼けは厳禁

医療脱毛をする上では、日焼けをしてはいけないというのは常識だと思います。方法としては、日焼け止めを塗ったり、サングラスや日傘などで肌を守ったりすればいいと思います。

医療脱毛をする上では日焼けはNGであることはおわかりいただけたかなと思いますし、夏場であろうが秋口であろうがそれは同様のことなのです。フラッシュ脱毛の場合、脱毛機器はムダ毛の黒さに反応をして光照射を行います。

この日焼けについてですが、夏場であれば普通に日差しも強大ので、日焼けをしないようにと用心をすると思いますが、秋とかになった場合、同じような注意ができるかどんなふうにかが重要なのです。また、選ぶ服についても肌の露出が小刻みものがいいと思います。

その日焼けによりひとしお注意しなければならないのは、体毛が薄めの人の方です。それはただ肌へのダメージがというだけではなくて、脱毛施術そのものに影響するからです。

夏場を乗り切って、秋になった時にはその反動もあるのか油断をしてしまう人が大口ようです。これが日焼けをした肌だと、そのムダ毛がわからなくなってしまって、きりりとムダ毛に対して光照射が行われないのです。

日差しが強かろうと弱かろうと日焼けをする可能性はありますので、医療脱毛の施術期間中は必要以上の注意が必要であるといえるのです。当然ですが、秋といえども日焼けをした人には医療脱毛の施術をしてくれないことが多々あるのです。

体毛が細くて疎薄と日焼けをしてなくても判別がし塩気のに、日焼けなんてしてしまうとよりひとしおわかりにくくなってしまうのです。